脱毛効果を高めるために必要なこと

脱毛効果を高めるために必要なこと

脱毛中は注意事項がいくつかありますが、その中でも脱毛効果を高めるために必要なことがあります。

 

 

まずはしっかりと肌を保湿して状態を良くしておくことです。脱毛効果を出すためにはしっかりと保湿されている肌が欠かせません。
もし施術日に肌の状態が悪いと、その部位だけ施術を断られます。無理に施術をしてしまうと水分不足の肌では火傷を起こす心配もあります。
日頃からこまめに塗っておらず慌てて脱毛する前日に保湿したところで、脱毛効果は上がりません。

 

特に冬場は寒いからと熱いお風呂に長時間入浴することもありますが、肌が乾燥する原因になってしまいます。
短時間でも温まりやすい入浴剤を使ったり、ぬるま湯で半身浴するなど工夫をして入浴時の乾燥も予防しなくてはいけません。

 

日焼けは要注意です

 

施術直後は日焼けしないようにと言われますが、施術している期間中はできるだけ日焼けを避けることも大切です。

 

日焼けをすると肌が乾燥してしまうということもありますが、日焼けをしてメラニン色素が出来てしまうと施術の時にムダ毛だけではなくメラニン色素にもレーザーが反応してしまうことがあります。
施術での火傷トラブルも増えてしまいますので、水場のレジャーに出かける時などは日焼け止めを塗ってできるだけメラニン色素が発生しないようにする必要があります。
うっかり日焼け止めを忘れて肌を焼いてしまった時は、その後しっかりと保湿ケアをして紫外線で傷んだ肌を労わることも大切ですね。

 

 

過剰な自己処理は止めよう

 

 

脱毛が完了するまでに気になるのがムダ毛処理です。

 

いつでもつるつるすべすべの肌をキープしたいですが、自己処理は頻度が高いと肌荒れや埋没毛の原因にもなります。
脱毛の施術が終れば自己処理の悩みからも解放されますので、施術に通っている間は自己処理のしすぎに要注意です。
肌を傷つけることの少ない電動シェーバーなどを使って、肌に負担をかけない処理をするように心がけてください。

 

毛抜きやカミソリを使っての自己処理はその時はキレイにすることが出来ますが、脱毛効果が落ちてしまいますのでオススメできません。