加齢臭を予防するために知っておきたい生活習慣5つ

加齢臭を予防するために知っておきたい生活習慣5つ

加齢臭に悩んでいる方は、スキンケアだけでなく生活習慣の改善で予防ができます。

 

加齢臭はおじさんだけだというイメージがありますが、実は女性で悩んでいる方も多いです。
今回は、加齢臭を予防するための知っておきたい生活習慣5つをお話します。

 

適度な運動を毎日続ける

 

加齢臭は、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することも原因です。
運動不足で脂肪が体に溜まると、脂肪酸の量も多くなります。

 

激しい運動でなくても、適度な運動をずっと継続していきましょう。
スポーツジムに行くのが難しい場合は、家でテレビを見ながらストレッチをしましょう。

 

抗酸化作用が強い野菜や果物を食べる

 

コンビニの総菜や外食は、野菜が少ないのが悪い面です。
抗酸化作用が強い野菜は、活性酸素を撃退して脂肪酸の量を減らしてくれます。

 

抗酸化作用が強い野菜は、ブロッコリーやキャベツ・たまねぎ・にんじんです。
果物で気軽に摂取できるのが、ビタミンcが多いレモンです。

 

腸内環境を整える

 

腸内環境が悪くなると、善玉菌が減って体が酸化しやすくなります。
腸内環境を整えるには、便秘を予防することが大切です。
食物繊維が多い食品を積極的にとりましょう。

 

ストレスを溜めないようにする

 

ストレスが溜まると血流が悪くなって、血液の中のアンモニアの濃度が高くなります。
さらに、汗と混じってストレス臭となります。
日ごろから、ストレスをためないように好きなことを自分で見つけておきましょう。
ダイエットをしている女性も、無理をするとストレスを感じるので注意が必要です。

 

湯船に毎日浸かる

 

暑い時期になると、お風呂はシャワーだけという方も多いのではないでしょうか?
お風呂に毎日浸かることで、疲れがとれて気持ちもリラックスします。
体が温まると、体脂肪も減少するので湯船には毎日浸かりましょう。

 

〇最後に
今回は、加齢臭を予防するための生活習慣5つについてお話しました。
いかがでしたでしょうか?
すべてできなくても、すこしずつてもいいので取り入れていきましょう。